MEOチェキの見方について解説いたします。

1.ログインページ

ユーザーログイン画面(https://ranktoolap.com/users/sign_in)を開き、ID/PASSを入力してログインして下さい。

2.順位チャート画面

順位チャート画面は、下記図のインターフェースとなっています。

①案件名選択

複数店舗を管理している場合などは、上記図のオレンジ色枠内をクリックすると、順位チャートを見たいGoogleマイビジネスを選択することが可能です。

②対象月の選択

上記図オレンジ色枠内の年月をクリックすると順位チャートを見たい年月を選択することが可能です。順位計測対象はMEOチェキをご利用頂いてからの測定データとなります。

③日数選択

上記図オレンジ色枠内の日数を選択すると順位チャートの表示日数を選択することが可能です。最大過去180日間の順位チャートを確認することが可能です。デフォルトでは対象月の30日間の順位チャートが表示されるようになっています。

④順位以内指定

上記図オレンジ色枠内の順位以内指定をクリックすると、順位チャートの対象順位を設定することが可能です。デフォルトでは20位までの計測となっています。

⑤順位状況確認

上記図オレンジ色枠内で登録したキーワードの順位状況を確認することが可能です。当日順位の測定はもちろんですが、昨日順位との変化も確認することができます。また、MEOチェキではGoogleマイビジネスAPI連携によるプレースIDで順位取得を実施しているため、検索住所を指定した順位計測が可能です。

⑥順位チャート

上記図オレンジ色枠内で順位チャートグラフを確認することが可能です。日々の変動を視覚的に確認することが可能です。

3.カレンダー順位画面

カレンダー順位画面は、下記のインターフェースとなっています。

①カレンダー順位画面機能

上記図オレンジ色枠内の箇所で「対象月」や「順位指定」、「順位指定した順位以内の日数」、「対策料金」を確認することが可能です。また、CSVで日別の順位状況をExcelにエクスポートすることも可能です。

②キャプチャ機能

カレンダー順位ページ下部にある写真アイコンをクリックすると、各計測キーワードの実際の検索結果画面を確認することが可能です。当社では、実際の検索結果画面を画像キャプチャで保持していますので、順位チャートやカレンダーだけでは本当に表示されているか不安な方にご安心頂ける仕様となっています。

3.Googleインサイト画面

Googleインサイト表示画面は、Google My Business APIとの連携により、直近3ヶ月間と過去最大2年間のインサイトデータを確認することが可能です。

①直近3ヶ月間のインサイトデータ

②過去最大2年間のインサイトデータ

項目としては、「ユーザーの検索方法」「施設が表示された箇所」「施設が表示された後の行動」「投稿者別の写真閲覧枚数」を確認することが可能です。