MEOチェキの登録方法について解説していきます。

※2019年10月7日より登録方法が変更になり、管理画面上でGoogle My Business API連携が可能になっています。

MEOチェキの登録手順

①ログイン

  • 当社でローカルSEOを行うお客様の場合・・・当社からお送りするID/PASSを入力してください。(※ローカルSEOを実施の場合はログイン後の設定は不要です。)
  • MEOチェキのみをご利用されるお客様の場合・・・お申し込み時に設定したID/PASSを入力してください。

ログインURL:https://ranktoolap.com/users/sign_in

②MEOチェキへの登録

GMB一覧の案件一覧上部にある「登録」をクリックしてください。

③GMB作成画面

上記GMB作成画面が表示されますので、まずは登録したいお客様のGoogleマイビジネス基本情報を「基本情報タブ内」に記載してください。

成果報酬型のMEOサービスを提供している場合は、「日額成果報酬費用」に金額を記載して下さい。固定型のMEOサービスを提供している場合は「月額固定費用」に金額を記載してください。両方を記載してしまうと登録エラーになりますのでお気を付けください。

また、住所指定検索はGoogle My Business API連携によるGoogle IP住所での市区町村単位、または任意の地点を設定することが可能です。

●検索住所の市区町村単位での設定

市区町村単位で検索住所を「住所指定検索内」に入力してください。(例:東京都中野区)

●任意の地点を設定

任意の地点を設定する場合は、「登録」をクリックしてください。登録をクリック後、上記のマップが表示されますので検索地点を検索し、地点にピンを立ててください。

この時、マップ上でピンを立てる箇所をクリックする必要があります。クリックしないと作成に失敗しますので気をつけてください。

※デフォルトで設定できる検索地点は、レンタルプラン以外の場合は1地点です。1地点追加するのには別途費用が発生します。

順位取得時間を任意の時間に指定可能に!

0:00〜21:00の間で細かく順位取得時間を設定することが可能です。

GMB編集画面の下部に「順位取得の実行時間」が加わっていますので、こちらで時間指定をすれば任意の時間に順位取得を行います。デフォルトでは取得時間は1つまでの設定となっています。取得時間を複数設定する場合は、別途費用となります。

④キーワード登録

キーワード登録タブをクリックするとキーワードを登録する画面になります。「値」部分に計測対象となるキーワードを記載し、登録をクリックするとキーワードが登録されます。キーワードはプランによって最大20キーワード登録することが可能ですが、キーワード数に応じて料金プランが変更となりますのでお気を付けください。

⑤店舗ユーザー登録画面

「店舗ユーザータブ」をクリックすると、エンドクライアント様に展開するGoogleマイビジネス毎のID/PASSを設定することができます。「店舗ユーザータブ」で登録した情報をエンドクライアント様に展開することにより、店舗ユーザー様は自店舗のマイビジネスのみを確認することが可能です。

⑥その他登録画面

「その他タブ」をクリックすると上記画面が表示されます。登録するGoogleマイビジネスの郵便番号を記載してください。(※ 〒マークは不要です。)

ここまで登録したら右下にある保存ボタンをクリックして下さい。

⑦GMB連携

⑥の保存後、右下に「GMB連携」ボタンが表示されますのでクリックしてください。

GMB連携をクリック後、「Googleにログイン」ページに遷移しますので、登録したいGoogleMyBusinessに紐付いているGoogleアカウントを選択後、Googleアカウントへのアクセスを許可してください。

アクセス許可後、MEOチェキ登録画面に戻りますので、下記図と同じくアクセス許可したアカウントを選択してください。

ここまででMEOチェキへのアカウント登録は完了です。

登録後、GMB一覧で下記図のGMB連携が○になっていれば登録に成功となります。

⑧競合GMB登録

タブ「ベンチマークGMB」で競合のGoogleマイビジネス名を登録すれば競合の順位を確認することができるようになります。

※競合順位はGoogleマイビジネス名の一致で順位計測を行うため、競合Googleマイビジネスのビジネス名が変更された場合は、順位計測できなくなりますのでご注意ください。